Twitter活用術

いまさらTwitterだなんて、自分でも遅れていると思いながらも、先日人に訊かれたので自分なりの活用方法を紹介したら、これがちょっと評判になったんです。フォロワー数は一万超、発言にもそれなりの影響力が見られるのですが、マメにチェックしているわけでも、頻繁につぶやいているわけでもありません。

では、どうして活用述を乞われたのでしょうか。どうやらズボラな私のやり方が、これからTwitterをはじめようという初級者の方々には簡単そうに見えたらしいのです。

実際に簡単です。もう少し正確に表現すると、私は宣伝以外はなにもしません。ロボツイートというソフトにお任せです。このソフトがフォロー、リフォロー(フォロー返し)を自動的に行ってくれるのです。さて、当たり前のことですが、広告用メディアとしてアカウントを機能させる場合、フォロワーは多ければ多いほどよいでしょう。ですが、口では簡単に言えても実際に増やすとなると結構な手間になります。個々人への負担を減らそうと、導入当初はアカウント管理を複数名でやっていたのですが、つぶやきの内容がちぐはぐになったり、うかつな事を言う者があったり(笑)で、さっきのソフトを利用してみたら、これがドンピシャだったわけです。

次回からは、私が携わっているビジネスの案件とあわせてお話できればと思います。








英語を勉強するなら再生速度を上げると効果的らしい。bookplaceでキャプチャして、裁断しない自炊の方法もあるし、ニコ生のタイムシフトを保存する方法も知ってる。アクセス数が伸び悩んだらSEO被リンク対策.comを覗いてみるといいかも。